平成24年度日本民藝館展 準入選いたしました

芸術家ではなく、無名の職人達が作った民衆的工芸品を「民藝」と名付け、その新しい美の概念を普及させた柳宗悦氏らによって1936年に開設された日本民藝館では、年に一度伝統的な技術を継承して作られている手仕事の品と、民藝の美を指針とする個人作家の品を全国から公募している「日本民藝館展 -新作工芸公募展-」が開催されています。

出品基準は「用に即し、繰り返しつくり得る製品」。
陶磁・染織をはじめ、木漆工・竹工などあるゆる分野の工芸品を集めて毎年一回、展示や即売会が催されているこの工芸展に、高田耕造商店代表 高田英生が製作した紀州野上谷産棕櫚束子 小がこの度、準入選いたしました。

数々ある工芸品の中でも脇役にすぎない棕櫚たわしという物が、誰にも使ってもらえない飾り物や芸術品ではなく、普段使いの実用品であること。
すなわち民芸の品であることを、この歴史ある民芸展で認めていただけたような光栄な気持ちでいます。

先月開催しましたにっぽんのたわし展でも、本当に多くの方々にお越しいただきました。

その時の皆さんの反応やご意見をいただいて、このシュロという素材。その素材で作られたタワシなどの様々な道具を、もっと手軽に、もっと生活に根付いた物としてこれまで以上に多くの方々に使っていただきたい。
そんな想いがあれから強くなっています。

棕櫚の産業とそれに関わる人々の想いを残していくためにやるべきこと。やりたいことがまだまだたくさんあります。

そのためにも今後はより一層の努力、活動をしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。


今年の日本民藝館展は12月9日から23日まで月曜の休館日を除く10:00-17:00まで開催されます。
うちの棕櫚たわしは準入選作品なので、本館1階第1室・第2室という所で、実際にさわって買うことができるように展示いただけるそうです。お時間ある方はぜひのぞいてみてくださいね。

詳しくは、日本民藝館の展示案内より御覧ください。

小学校でたわし作り体験 2日目

2日目は工場見学

前回の学校訪問に続いて、翌週の8日に行った2日目のたわしの授業。今度は子どもたちが高田耕造商店の工場に見学で訪れてくれました。

さらに子どもたちだけでなく、今回の授業のきっかけとなる記事を書いてくれた読売新聞の記者さんも駆けつけてくれ取材を行なってくれました。

 

工場を探検、探検。

生徒さんたちはたわしの製作部屋、商品展示室、機械が置かれている場所だけでなく、現在は倉庫になっている3階まで登ってみたりと各自思い思いの所へ行き、もの珍しそうに工場の中を探検。

引き続きたわし作り体験をする子たちもいながら、各部屋で子どもたちからの質問に答える形で色んなお話しをさせてもらいました。

そんなこんなで、ワイワイとしている内に学校に帰る時間となってしまい、最後にみんなで記念撮影をしてお別れしました。


生徒さんたちは、好奇心旺盛で活発に不思議に思ったことをたくさん質問してくれましたが、みんなとても礼儀正しい子たちばかりでした。

自分たちの気持ちに正直な子どもたちだからこそ、どういう反応をもらうか不安もありましたが、たわしの製造工程や棕櫚製品の柔らかさに興味や驚きを持って見てくれていたのは、とても嬉しい思いでした。

これからも高田耕造商店では、棕櫚の持つやさしさを子どもたちに伝えていくために、こうした社会貢献活動を積極的に行なっていきます。

 

翌日。

この翌日にはさっそく新聞記事となって掲載していただきました。先生から聞くと子どもたちも大喜びだったそうです。

小学校でたわし作り体験

 

始まりは新聞記事から

10月の21日付の読売新聞の記事で高田耕造商店が取り上げていただきました。

記事では、たわしストラップ誕生のきっかけや地元の海南駅で行うたわし巻き体験教室の告知などを掲載してもらっていました。

その後、その記事を読んだ和歌山市にある雑賀小学校という学校のあるクラスの生徒さんたちが高田耕造商店に興味を持ってくれたらしく、電話をかけてきてくれました。

 

子どもたちからの依頼でたわし作りを授業に

そのクラスでは、ちょうど社会科の研究授業として和歌山の地場産業である家庭用品やたわしの事を調べていたそうです。

インターネットや本などの資料、家庭日用品企業への電話取材などで色々調査していた所、たわしの記事を発見したようです。

電話では、たわし作りについての質問の他に、子どもたちから、たわし巻きワークショップを授業でも行なって欲しいとお願いをいただきました。

初めての試みでしたが、せっかくなら興味を持ってくれたクラスの子たちに棕櫚たわしについてもっと身近に感じてもらえればとの気持ちで承諾することに決めました。

そこでせっかくするなら面白い授業にできればと、担任の先生と相談させてもらい、11月1日と8日の2日間に分けてたわし巻き体験と工場見学を通して、地元の産業であるたわしの事や物を作ることの楽しさ、難しさを知ってもらえればと計画をしました。

 

1日目


初日の11/1は職人が学校に出前に行って、たわし巻き体験教室を開きました。

全員作ってもらうには時間が足りないため、数グループに分かれてたわし作りを体験してもらい、終了後に質問タイムを設けるといった2部制にしてみたのですが、体験中からも生徒さんたちから早速たくさんの質問をいただきました。

中にはたわしや棕櫚のことそのものより、たわし職人である高田英生についての個人的な質問(結婚してますか?3代目の跡取りはいますか?何歳ですか?などなど)も多くいただいていました。

どうやら掲載された新聞記事に、遊び心でたわしストラップを作ったという部分に興味を持ってくれたようで、子どもたちからすると、たわし職人とはどんな人なのかが気になった様子。


ワークショップの時間中、ふとクラスの掲示板を見てみると、壁にたわしや棕櫚について自分たちで調べたり取材をして分かったことを記事にしてビッシリと貼られていて、クラスの子たちの熱心な姿勢に、なんだか感動してしまいました。


興味津々に授業を受けてくれた生徒の皆さんからの質問は時間ギリギリまで終わること無く2日目もあるからと、その日は一旦お開きとなりました。

2日目に続きます。

小だるまと、たわし

以前、可愛いたわしのイラストを描いてくれたイラストレーターのクーさんより、何やら封筒が送られてきました。


おや?封筒の左端には、「イラスト在中」の文字とだるまさんのイラストが。
さっそく開封してみることに。

なんと中には、丁寧な手書きのお手紙と、以前描いていただいたダルマの親子が入浴しているイラストをプレゼントしていただきました!

親だるまは手ぬぐいで背中をゴシゴシ。子だるまは棕櫚たわし(お聞きしていませんが高田耕造商店謹製です?)で全身をマッサージしているユーモラスなイラストなんですが、こうしてパネルにまでしていただけるとは嬉しい限りです。
クーさん本当にありがとうございました!

さっそく、工場横にある商品を展示しているショールームに飾ってみることにしました。
さて、どこに展示するのが一番良いのか、しばらく眺めながら考えようと思います。

かまわぬ様より素敵なものが届きました

先ほど、東京スカイツリーで高田耕造商店の棕櫚たわしを取り扱っていただいている手ぬぐい専門店 かまわぬ様よりA4封筒半分くらいの物が届きました。

さてさて、何だろうと早速開けて確認してみると


なんと、かまわぬ 代官山店様が25周年!になったのを記念して、記念手ぬぐいを送ってきていただいたのでした。

開店から25年もの間続くとは、ほんとうに素晴らしいことです。かまわぬ様、スタッフの皆さま誠におめでとうございます!

さて、とても気になる記念手ぬぐいのデザインは、、

代官山店がある猿楽町にちなんで、ユーモラスなお猿さんが手ぬぐいの使い方をかわいく紹介してくれています。
洒落も利いて遊び心のある、かまわぬ様らしい素敵な手ぬぐいでした。

こうして眺めていると色んなデザインの手ぬぐいが欲しくなってしまいますね。
かまわぬ様ありがとうございました!