明日から谷町う木う木まつりに出展します

明日の28(土)・29(日)日に谷町う木う木まtree(まつり)という木のある暮らしをテーマにしたイベントにお誘いいただきまして、私たち高田耕造商店もマルシェエリアにて展示販売を行います。
谷町う木う木まtreeとは、主催しているメンバーは「まち」や「やま」で、木に関する仕事や活動をしている人が中心になって活動されているそうです。
関西でよく植えられている杉やヒノキなどを中心とした木のことをもっと知ってもらいたい!という思いを持って「木のある暮らしがしたくなる」をテーマに様々な企画が催されます。
高田耕造商店が出展させていただく「う木う木マルシェ」では、暮らしに役立つ木製品や、山の恵み、畑の恵みが勢ぞろい。
お近くに来られた際は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

■日時:2012/1/28(土)・29(日) 10:00 – 16:00
■場所:内田洋行大阪支店ユビキタス協創広場CANVAS
http://letsukiuki.ciao.jp/


大きな地図で見る

日本全国のお米とやさしいたわし《新宿シティハーフマラソン レポート》


1.15(日)に国立競技場と明治公園で開催された新宿シティハーフマラソン
私たち高田耕造商店はいつもマルシェなどで仲良くしていただいているお米のやました様と一緒に「日本全国のお米とやさしいたわし」という看板で、物産イベントに出店させていただきました。
今回はその時のイベントの様子を写真レポートいたします。

朝のマラソンスタート時刻くらいはかなり寒さが厳しかったのですが、お天気にも恵まれたおかげでお昼ごろからはすこしずつ暖かくなってきました。
イベントに来場される方たちも、ランナーの応援の方だけでなく走り終わったランナーの方たちも遊びに来られてなかなか盛況でした。

普段は私たちも大阪や関西を中心にこうしたマルシェをさせていただく機会は多いのですが、東京でのこういった活動はほぼ初めてでしたので勉強になりました。
またチャンスがあれば、東京はもちろん、日本全国でイベント活動してみたいですねー。





オリジナル和絵ローソク

前回の東京出張中、いつもお世話になっている2k540にある日本百貨店さまへ商品の納品とご挨拶を兼ねてお伺いしました。
ちょうど週末だったこともあり、愛知の「松井本和蝋燭工房」の松井さんと絵師のHihiroさんのお二人が本和ろうそくによる絵ろうそくの実演をされていました。

聞けばどんな絵でも書いていただけるとの事でしたので、さっそく私たちもお願いしてみるとことに。

…待つこと30分程度。こんな素敵な絵蝋燭を描いていただきました!

そうなんです。たぶん世界に一本だけでしょう。たわし絵の和蝋燭が出来上がりました。ちゃんと高田耕造商店の文字と可愛いラメ入りです。
たわしって絵で表現するはかなり難しい気がするのですが、素晴らしい出来上がりにしてくれました。
お二人とも無理を聞いてもらいありがとうございました。

国立新美術館にて紀州産棕櫚たわしが紹介いただきました

先週末は、日曜日に新宿シティハーフマラソンのイベントで明治公園へ出店するため東京へ来ていました。
せっかくの東京なので。と以前から行きたかった場所やお店など回れるだけいろんな所へ出かけていたのですが、その中でも特に行きたかったのが六本木にある国立新美術館だったんです。
正確に言うと、国立新美術館にある”ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」”で開催されている”移動式釜浅商店”の催事を見に行きたかったのです。

釜浅商店とは、明治41年創業の合羽橋道具屋筋にある老舗料理道具店様でして、少し前より高田耕造商店の紀州野上谷産棕櫚束子などの製品を販売いただいておりました。
その釜浅商店様が今月の11日より国立新美術館で南部鉄器や打ち出しフライパンなど厳選された職人の道具を展示販売されることになり、なんとそこに私たちのたわしも置いていただいているとのお話を聞きました。

そうなんです。国立新美術館にうちのタワシが展示されているなんて、ぜひこれは見に行かなくては!と足を運ぶことにしました。

まずは合羽橋の釜浅商店へご挨拶


東京メトロの田原町駅を降りて、合羽橋道具街へ向かうこと10分ほど。
合羽橋道具街にはお店などで見かけたことのある看板、のれんなどから業務用器具まで何でもあり、商店街を見ているだけでも楽しいのですが、そうこうしていると、道の脇に大きな釜と黒いのれんが目印となる釜浅商店様に着きました。


お忙しい中、代表の熊澤様はじめ釜浅商店のスタッフの皆様からご挨拶いただきまして、国立新美術館での展示のお話なども伺いました。


店長の長谷川さん。手馴れた手つきで包丁を研いでいる姿はずっと見ていたくなります。


紀州野上谷産棕櫚束子はなんと、レジの横に置いていただいていました。

 

国立新美術館で本当にたわしが展示されています


釜浅商店様で気が済むまで最高級の調理器具たちを見た後、いよいよ六本木にある国立新美術館へ向かうことに。

残念ながら館内は撮影しなかったのですが、地下1階にあるスーベニアフロムトーキョー(SFT)内に作られた「移動式釜浅商店」というブースに南部鉄器や打ち出しフライパンなどと並んで、しっかりと高田耕造商店の棕櫚たわしが展示されていました。
まさか国立新美術館にこうしてうちのタワシが展示されているとは、見かけた方も驚かれるとは思いますが、私たちが一番驚いているかも知れません。
こちらのイベントは2/27まで開催されていますので、ぜひお時間のある方は足を運んでみてください。

■期間: 2012/1/11(水) – 2/27(月)
■場所: 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1
釜浅商店様HP
国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」催事情報

おまけ。合羽橋から見えた東京スカイツリー。

新宿シティハーフマラソン 明治公園内イベント出店のお知らせ

一週間の開催だった仙台 藤崎百貨店の伊勢志摩紀州物産展には多くの方に来場いただき誠にありがとうございました!
本日無事に催事が終わり、出張スタッフの感想を聞けるのを楽しみにしています。

さて、週末の15日(日)は仙台に続いて、東京の明治公園にてイベント出店が決まりました。
15日はちょうど新宿シティハーフマラソンが国立競技場で開催されるのですが、同時開催で明治公園では屋外ライブ・各地域自慢の物産展・美味しそうなグルメブースの出店など賑やかなイベントが行われます。
高田耕造商店はそちらの明治公園でのイベントにいつも仲良くしていただいているお米の山下様と共に「日本全国のお米とやさしいたわし」として出店させていただきます。

ランナーの方はもちろん、応援に来られる方も一日楽しめそうなイベントです。
ぜひお時間ある方は日曜日は、全国の美味しいお米とお釜洗いにやさしいシュロたわしのお店を覗いてみてください。

■日程 2012年1月15日(日) 8:30 – 14:30
■場所 明治公園(東京都新宿区霞ヶ丘10-2)

新宿シティハーフマラソン 明治公園イベント詳細


大きな地図で見る