26、27日は和歌山地場産フェア開催

昨年も出展させていただいたのですが、今年も財団法人和歌山地域地場産業振興センター にて11月26日(土)・27(日)の2日間、和歌山地場産フェアが開催されることになりました。
今年も高田耕造商店では、職人手作りの棕櫚たわしや箒などの棕櫚製品を展示ブースにて出展させていただくことになりました。
入場料は無料ですので、この機会に多くの方々に来場していただき漆器や家庭用品から梅干し、醤油まで伝統ある和歌山の地場産業をご観覧ください。

■開催日時
11/26(土) -27(日) 10:00 -17:00

■開催場所
財団法人和歌山地域地場産業振興センター

■お問い合せ先
財団法人和歌山地域地場産業振興センター
住所 和歌山市紀三井寺856
TEL 073-447-3334(代表)
http://www.jibasan-wakayama.jp/fair.html


大きな地図で見る

高田耕造商店の棕櫚製品の原産国は?[いただいたご質問]

高田耕造商店では、メールやお電話、イベントで出店の際など直接お客様からご質問、ご感想を寄せていただくことがあります。
そこでお話させていただいたご質問内容や、貴重なご意見などをもっと多くの方にいつでも見ていただけるように公開すればより多くの方の参考になるのでは。ということでいただいたご質問、ご感想をブログ上にてご紹介させていただくことにいたしました。

今回は弊社で取り扱っている棕櫚製品の原産国についてです。

 
お客様からいただいたお問い合わせ内容

「やさしいたわし」や棕櫚ほうきも純国産、純紀州野上谷産ですか?

 

紀州野上谷産棕櫚束子と明示している製品は純国産の棕櫚繊維を。それ以外は一般的な中国産を使用しています

皮を仕入れている棕櫚山

下の方に群生している椰子の木のような木が棕櫚の木になります

K様
お問い合わせいただき誠にありがとうございます。
高田耕造商店スタッフのオオサコと申します。

さっそくですが、ご質問いただいた弊社「やさしいたわし」シリーズ、棕櫚箒(しゅろほうき)の原産についてご回答いたします。

高田耕造商店の棕櫚たわしや箒は、全て代表の髙田英生をはじめ地元の職人たちが全部の工程を手作業で作っているため表記としてはどの製品も全て「日本産」となります。
ただ、紀州野上谷産棕櫚と明記されていない「やさしいたわし」シリーズなどの製品には原料として安定した供給とコスト面に優れた中国原産の輸入シュロ繊維を、上質な部分のみ選定して使用しております。

弊社オンラインストアにて販売している純国産棕櫚たわしは現在のところ下記URLに掲載されている3点のみとなります。
http://takada1948.jp/products/list.php?category_id=1

本来であれば全ての製品を純国産の棕櫚を使って製造していきたいのですが、タワシとして製品化できるほどの繊維が取れる手入れをされた棕櫚山がごくわずかである点や、棕櫚皮職人の高齢化などで、純国産の棕櫚繊維はほとんど採れません。
そのため弊社では、引き続き、純国産の紀州野上谷産棕櫚束子と一般的な中国産棕櫚を用いた製品の2通りの棕櫚製品を取り扱ってまいります。

混同させてしまい、誠に申し訳ございませんがご理解いただければ幸甚です。

もし他にも疑問に思われる部分や詳しくお聞きしたい点などありましたら、いつでも私オオサコまでご連絡くださいませ。
それでは本日はお問い合わせありがとうございました。
失礼いたします。

高田耕造商店

麦茶ポットにやさしいたわしの取り扱いについて[ご購入者様からのご質問]

高田耕造商店では、メールやお電話、イベントで出店の際など直接お客様からご質問、ご感想を寄せていただくことがあります。
そこでお話させていただいたご質問内容や、貴重なご意見などをもっと多くの方にいつでも見ていただけるように公開すればより多くの方の参考になるのでは。ということでいただいたご質問、ご感想をブログ上にてご紹介させていただくことにいたしました。

今回は、麦茶ポットにやさしいたわしの取り扱いについてご購入者の方からご相談をお受けしました。

 
お客様からいただいたお問い合わせ内容

商品は無事届き、早速使用しております。

購入前にサイズをお尋ねしましたが、「麦茶ポットにやさしいたわし」はもちろん「コップにやさしいたわし」も手持ちの水筒に問題なく入りました。

「コップにやさしいたわし」は、使用前にふと腕の部分をそれでこすってみましたら予想以上に痛くなく柔らかかったので、ボディブラシのようにも使えるかもしれないと思いました。
「カラダにやさしいたわし」も販売してらっしゃいますが、こちらの「やわめ」のものは「コップに~」よりもっと柔らかいのでしょうか?

それからひとつ伺っておきたいのですが

「麦茶ポットにやさしいたわし」はたわし部分の芯(?)がしなるようにやわらかくなっています。
洗い終えて水を切るときに柄の部分を持って切ると、勢いでたわし部分が柄から少し曲がってしまいます。
とりあえず手でまっすぐに戻していますが、そのようにしても大丈夫でしょうか?

水を切るたびに曲げていたら、弱くなるかな?と心配したのですが大丈夫でしょうか?
あるいはそのようにして水を切るのは止めたほうがいいですか?
もし宜しければお教えください。

以上宜しくお願い致します。

 

芯部分は強い耐久性を備えていますが、やさしく振って水切りされることをオススメいたします

I様
ご返信いただきありがとうございます。
まずは無事届いたとのこと、水筒へのサイズも問題がなかったとお聞きできて安心いたしました。
それでは、早速ですがいただいた2つのご質問に1つずつお答えしていきますね。

1.カラダにやさしいたわしの柔らかさについて

「コップにやさしいたわし」は、使用前にふと腕の部分をそれでこすってみましたら予想以上に痛くなく柔らかかったので、ボディブラシのようにも使えるかもしれないと思いました。
「カラダにやさしいたわし」も販売してらっしゃいますが、こちらの「やわめ」のものは「コップに~」よりもっと柔らかいのでしょうか?

はい。コップ洗い用に比べるとカラダ用ブラシは、さわった感覚としては柔らかく感じていただけると思います。
原料としては、うつわ用も体用も全て同じシュロの繊維から作られているのですが、その商品の用途によって毛先の長さを変えております。
そのため、例えば同じ人の髪でも短髪の時と長髪の時では長髪の方が柔らかく感じるのと同じように、カラダにやさしいたわしも毛先を長くして(”やわめ”は特に一番長く)作っております。

ちなみに私は普段、家のお風呂で実際にからだ用タワシ(ふつう)を3ヶ月ほど使っているのですが、
最初の頃は背中に使うとヒリヒリしそうでしたので、カカトやヒジなど硬い部分にしか使っていませんでした。
それがしばらく経ってくると毛先自体が丸くなってきたように感じられ、今では優しくであれば全身擦っても気持良く使えています。

ご参考にしていただければ幸いです。


2.麦茶ポットにやさしいたわしの取り扱いについて

「麦茶ポットにやさしいたわし」はたわし部分の芯(?)がしなるようにやわらかくなっています。
洗い終えて水を切るときに柄の部分を持って切ると、勢いでたわし部分が柄から少し曲がってしまいます。
とりあえず手でまっすぐに戻していますが、そのようにしても大丈夫でしょうか?
水を切るたびに曲げていたら、弱くなるかな?と心配したのですが大丈夫でしょうか?
あるいはそのようにして水を切るのは止めたほうがいいですか?
もし宜しければお教えください。

以前にどれだけの耐久力があるのか実験をした時があるのですが、
その時は強引に直角針金を曲げて50-60回ほど繰り返したところで折れました。
針金の強さとしては、国産の太いステンレスを使用しているので、それくらい曲げても大丈夫なように作られているのですが、やはり曲がってしまうのは避けていただいたほうが長くお使いいただけるかなと思います。

さきほど、同商品をキッチンに持って行って水切りをしたところ、力を入れなくても振り抜いてしまうとやはり曲がってしまうことが確認できました。

水切りの際、反対側に手を置いてぽんぽんっと軽くはたく程度にしていただければ、曲がることなく水も切れるかと思いますのでお試し下さいませ。


ご質問いただいた麦茶ポット用たわしについては、こちらでも早速社長やスタッフたちと相談して、今後の対策を考えて次の商品企画へ活かしてまいります。
貴重なご意見いただき、ありがとうございました。

またご不明な点などございましたらいつでも私オオサコにお尋ねくださいませ。
それでは、失礼いたします。

高田耕造商店

パルシステム神奈川ゆめコープ商品展示会出展のお知らせ

明日12日(土)に、横浜産貿ホール「マリネリア」(みなとみらい線 日本大通駅 徒歩5分)にてパルシステム様主催の商品展示会に出展させていただくことになりました。

パルシステムの商品展示会とは、商品の展示はもちろん、試食や試飲、サンプルの提供、さらにメーカーに対するご質問など、商品を知っていただく、「生産者・メーカーと組合員交流の場」です。
家族で楽しめるイベントをご用意して、皆様の参加をお待ちしております。
高田耕造商店では、「イキル・道具」展示ブースの中で棕櫚たわし作りを楽しんでいただけるたわし巻き体験ワークショップを開催いたします。

こちらのイベントでは直接の販売は行なっておりませんが、パルシステムのカタログに掲載されている各メーカー自慢の逸品が直に触れて、試食できる機会となっています。
他にも、告知内容を見ると「梅干し」や「味噌」などの保存食づくり体験や、電気を使わない昔の遊びコーナーなどもあるそうです。
入場は無料。会場内は混雑を避けるためお住まいの地区によって来場時間の指定がありますので、詳しくはパルシステム様ホームページを御覧ください。

それでは、土曜日はひとりでも多くの方に高田耕造商店の棕櫚たわしを知っていただける機会になれば幸いです。
多くの方のご来場お待ちしております。

■開催日時:11/12(土)AM10:00 – PM3:00
■開催場所:横浜産貿ホール マリネリア
http://www.pal.or.jp/yume/news/2011/20111018_1.html


大きな地図で見る

鉄のフライパン洗いには棕櫚たわしは向いていますか?[お客様からいただいたご質問]

高田耕造商店では、メールやお電話、イベントで出店の際など直接お客様からご質問、ご感想を寄せていただくことがあります。
そこでお話させていただいたご質問内容や、貴重なご意見などをもっと多くの方にいつでも見ていただけるように公開すればより多くの方の参考になるのでは。ということでいただいたご質問、ご感想をブログ上にてご紹介させていただくことにいたしました。

今回は、鉄製のフライパンへの使い方についてのご質問です。

 
お客様からいただいたお問い合わせ内容

やさしいたわしということですが、
鉄のフライパンを洗う用に使いたいと思っていますが鉄には不向きでしょうか?

 

もちろんフライパン洗いにも最適です。ただし頑固なコゲ落としなどは固めで毛先の詰まった製品がオススメです

A様
この度はお問い合わせありがとうございます。
お伺いいただいているのは「フライパンにやさしいたわし」のことでしょうか?

フライパンの使用状況にもよりますが、もちろん鉄のフライパンにもお使いいただけます。

一般的に流通しているパームのたわしに比べ棕櫚のたわしはとても柔らかくできているため力を入れずに軽く擦るような洗い方をしていただければ、フライパンやうつわ自体を傷つけずに汚れを落としてくれます。
弊社商品でしたら、繊細なテフロンや銅、ガラス製品にも問題なくお使いいただいております。

それとは逆に、こびり付いた焦げやガンコな汚れをゴシゴシと洗いたい場合でしたら、金タワシや弊社商品であれば「かかとにやさしいたわし」のような毛先が短くて目の細かい道具がオススメです。

ご参考になりましたでしょうか?
もし他にもご質問などありましたらいつでもお気軽にメール(24時間受付):info@takada1948.jpやお電話(平日9:00-17:00):073-487-1264でご相談くださいませ。

それでは失礼いたします。

高田耕造商店