純国産 紀州産棕櫚束子 - 貴重な紀州産棕櫚を厳選使用
やさしいたわし - 棕櫚のたわしは体に、野菜に、やさしいたわし
用途で選ぶ
形で選ぶ
紀州伝統棕櫚箒 - 今も変わらぬ伝統の美しさ
棕櫚たわしのつくりかた
いまこそ、のこそう!棕櫚山育成プロジェクト
たわし職人の日記

お知らせ・紹介-髙田耕造商店の現在の活動やお取り扱い店舗について
商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

棕櫚(しゅろ)について

棕櫚への想い > 棕櫚について

棕櫚(しゅろ)製品の用途

しゅろの用途 現在、 一般的に流通しているたわしは東南アジアで採取されるパーム(ヤシの実)を原料としています。シュロは日本で古くから人々の生活に寄り添ってきた素材で、そのしなやかでやさしい質感はガラスやテフロンなどのお掃除にはもちろん、入浴時にマッサージブラシとしてお使いいただくこともできるなど、棕櫚製品ならではの多種多様な使い道があります。

棕櫚(しゅろ)たわし、ほうきの効果的な使い方

たわし、ほうきの使い方高田耕造商店では改善・研究を行なっていますが、たわしも箒も使い始めは天然素材のため粉や繊維が出てくる場合がございます。ご使用前に一度粉を十分に落としてからお使いください。

束子(たわし)の場合

  • 軽い油汚れ程度であれば、水やお湯だけでも棕櫚の持つしなやかな繊維が汚れを掻きだします。汚れが気になる場合は洗剤を少量お使いになるとより効果的です。
  • 力を入れずに軽く擦るようにお使いください。汚れも取れやすく、たわし自体も長持ちします。
  • 漂白剤や研磨剤をご使用される場合、使用後はよく洗い流してください。天然繊維のため、本来持っている耐久性を損なう恐れがありますので、ご了承ください。

箒(ほうき)の場合

  • 掃く時は掃き飛ばすのではなく、力を入れず滑らせるように地面を掃いていくと、ゴミや埃が簡単に集まります。
  • 鬼毛箒の場合は粉がほとんど出てこないため、ボリュームのあるしなやかな繊維を使ってそのまま天井などの埃を払うハタキとしてもご使用可能です。

お手入れ方法と取り替え時期

たわしのお手入れ方法ほうきのお手入れ方法

束子(たわし)の場合

  • 水分を切って吊るして保管しておけば特別な手入れは必要ありませんが、気になる場合は熱湯消毒&天日干しがお薦めです

箒(ほうき)の場合

  • 保管するときは必ず吊るしてください。地面に立てかけておくと、次第に繊維がクセづいて寝てしまい、痛みの原因となる恐れがあります。
  • もし汚れたり、癖がついてしまったら、繊維を水で濡らして、たわし等でサッと繊維にそって汚れを落として毛先を整えてください。
  • その後日陰でぶら下げて乾かしてください。
  • 銅線は水に濡れると酸化したり緑青の原因になる場合があります。ご注意ください。

棕櫚箒はよく一生で3本あれば大丈夫と言われるほど長くご使用いただけます。以上のような点に少し注意していただくとより長くご愛用いただけます。

お取り替えの目安

シュロ繊維は耐水性・耐摩耗性に富む素材ですが、ご使用頻度、用途によってご使用できる期間は異なります。毛先が寝てしまう、繊維が摩耗して針金が見えてくる。などの症状が現れましたらお取り替えをオススメいたします。

棕櫚(しゅろ)のあれこれ

シュロに関わるお話古くからシュロは、たわしや箒の元となる樹皮だけでなく葉や花、実なども全て使われていたほど、私たちの暮らしに寄り添ってきた植物のひとつでした。なぜシュロはこんなにも重宝されてきたのでしょうか?たわしだけでない意外なシュロの活用方法もご紹介します。

棕櫚のある生活に戻る