福岡のTRAM様にてイベント開催です

CCF20121218_00000

今週末の12/22(土)から福岡市にある、北欧と日本の家具や雑貨を取り扱っているショップ TRAM(トラム)様にて企画展が催されます。
今年を締めくくるイベントとして、「Westside 33のお鍋+高田耕造商店」というタイトルで高田耕造商店の棕櫚たわしが初めて登場させていただくこととなりました。

オーナー様が直接北欧で買い集めた雑貨や小物もあり、とても素敵なショップ様でしたのでぜひお近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

■店舗:TRAM 北欧と日本の家具と雑貨
■場所:〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目6-16百田ビル202
■会期:12/22(土)~1/6(日) ※12/30から1/2はお正月休みとなります

その他詳しくは、電話(092-713-0630)メール(tramshop@tram2002.com)、HP(http://tram2002.com)などでお問い合わせください。


大きな地図で見る

にっぽんのたわし展 -伝えたい棕櫚(しゅろ)の魅力-

にっぽんのたわし展

ずっと以前から温めていた企画の1つだったのですが、多くのご縁ある方々のご協力により、11月の22日より東京の合羽橋にある釜浅商店様2Fギャラリー、KAMANIにて、高田耕造商店初めての棕櫚(しゅろ)と、たわしの展示会を行わせていただくことになりました。
タイトルはずばり、「にっぽんのたわし展 -伝えたい棕櫚(しゅろ)の魅力-」です。

この展示会を通して私たちが、みなさんに最もお伝えしたいこと。
1つは棕櫚という素材が持つ自然のやさしさについて。
たわしは固いものである。というイメージをほとんどの方は持たれていると思います。
これは、柔らかくやさしい棕櫚たわしを作っている私たちが、その価値をしっかりとお客様に伝えてこなかった責任です。

本物のたわしというのは、こんなにやさしく、強い素材である棕櫚から作られているということを、訪れていただいた方の手で、肌で、実際に感じていただきたいと思っています。

もう1つはその棕櫚に関わる人々、棕櫚山の守り人である職人たちについて。
昔から棕櫚が重要な産物であった紀州野上谷の自然とそこに暮らす人々のあるがままの現状を知ってもらいたいとの想いです。

棕櫚たわしに関わる人たちはどんな人なのでしょうか。どんな暮らしをしながら、どんな想いで棕櫚に関わり、山を守ってきたのでしょうか。
産業に携わる多くの職人が手間ひまを掛けて作った棕櫚のたわしは品質も良く。一度使えばたちまち手放せなくなるほど良い道具となってくれます。

しかし一方で、職人の高齢化や産業の縮小により現在では国産の棕櫚産業というのは知る人間がほとんど居なくなってしまい、このまま途絶えようとしています。
高田耕造商店の目標である、かつて多くの人々が携わり美しい景色を作っていた野上谷の棕櫚山を再生させたいとの試みは、これが本当に最後のチャンスであると思っています。

ぜひお時間のある方は足をお運びください。
日本人なら誰もが知っている、ただの日用品であるたわしの中に、皆さんがご存じで無かった多くの新発見や驚きがあると思います。
実際にたわしを職人と一緒に一から作ってもらえる、たわし作りワークショップも会場内にて開催いたしますのでお楽しみください。

それでは多くの方のご来場、高田耕造商店スタッフ一同心よりお待ちしております。

2012年11月22日(木)  27日(火)
時間/10:30 ~ 17:30
会場/ギャラリーKAMANI(東京都台東区松が谷2-24-1 釜浅商店2階)
主催/髙田耕造商店(和歌山県海南市椋木97-2 〒640-1173)
http://takada1948.jp/
協力/株式会社釜浅商店 http://www.kama-asa.co.jp/
総合プロデュース:錦織弘昭(デザイン・プロデューサー)
Graphic Design:青木周司(Graphic Garage)
Interior Design:福島康弘(有限会社ゼロファクトリー)

●たわし巻きの実演:11月22日(木) ~ 25日(日)

【お問い合わせ先】 : 髙田耕造商店
TEL:073-487-1264/FAX:073-487-3318/Mail:info@takada1948.jp

本日より!宮崎山形屋 メイドinジャパン 工芸職人展


本日9月26日より宮崎県にある山形屋様にて開催される「メイドinジャパン 工芸職人展」へ高田耕造商店が出展しております。

今回は節約の旅ということで、高田耕造商店のある和歌山から宮崎まで高速バスで向かうことにしました。
乗り継ぎなどもあり、休み休みですがバスに乗ること全部で約15時間。
いつも元気なスタッフもこの日はさすがに疲れてしまったようですね。

準備などもあるので、到着は前日だったのですが、まずは山形屋様に到着してすぐに関係者の方々にご挨拶をしつつ、商品展示の準備を行ないます。

商品の陳列も終わったようで、昨日の夕方に写真をいくつか送ってくれましたので、ブログでもご紹介させていただきますね。

色々な角度からもパチリ。
オンラインショップでは未発売の催事限定の商品なども陳列しています。

最近は、たわし屋さんと呼ばれるよりも、ほうき屋さんとお客様からお呼びいただくほど、人気がある棕櫚の箒です。
様々なタイプはありますが、高田耕造商店の若い箒職人が一つひとつ丁寧にこしらえた箒はどれも品質の高さはもちろん、せっかく使ってもらうならその道具の最後までご愛用いただきたいとの思いで、永久保証をお約束しているため、自信を持っておすすめしています。

実は、宮崎県へは初めての出展となりますが、昨日はお疲れだったスタッフも、今日は元気いっぱいでお話させていただいておりますので、棕櫚について、高田耕造商店の製品への想いについて、実際に製品をさわってみながら一人でも多くの方に知っていただければと思います。

■開催日:9月26日(水)~10月1日(月) ※最終日午後6時終了
■場所:〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東3丁目4-12 山形屋 新館5階 大催場


大きな地図で見る

一足お先に行って来ました。手の先の道具展 vol.2@poooL

吉祥寺にあるセレクトショップとギャラリーをされているpoooL(プール)様にてこの15日から23日まで「手の先の道具展 vol.2」という企画展が開催されています。

その出品者の一人に私たち高田耕造商店もご招待いただき、展示品の一つとしてご紹介していただいています。

今回せっかくなので、poooL様にご挨拶も兼ねて展示会の様子をオープンする一足前にショップに足を運んでみました。

店舗外観。まるで海外のアパートのような趣きのあるビルの1Fにショップを構えてられています。

 

気になる中の様子も、許可を頂いて撮影させていただきました。

公開は初めてとなる「やさしいたわし まる(白)」。原料はサイザル麻という植物性の繊維から作っています。

展示は、もちろん高田耕造商店の製品以外にも多くの作家さんや工房の作品が並べられています。こだわりのある、他では見られないような素敵なものばかりでしたので、お時間ある方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?こだわりのある雑貨や道具がお好きな方はとても楽しい時間を過ごせると思いますよ。

 

■開催概要
期間 2012年09月15日(土) 〜 09月23日(日) ※火曜日定休
時間 12:00 〜 19:00 ※最終日は18:00まで

作家 木工・素白 赤司隆幸 / 五十嵐 裕貴 / 上田 安伸 / 卯田 まさし / 臼井 仁美 / 門田 雅道
清岡 幸道 / 小林 克久 / 枯白 koku / LAWNYDESK / 三輪 周太郎 / モノエ / 中村 智美
西川 美穂 / omoto / ペブル印房 尾崎 悦子 / 齋藤 正明 / 坂本 千明 / サノ アイ / 仕草
菅原 博之 / TAjiKA / 高田耕造商店 / 玉蜜 千原七緒美 / 田中 俊介 / 筒井 則行 / 八木橋 昇
吉田 慎司
作家在廊日 未定
場所 poooL 本店
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション105
tel. 0422-20-5180
JR・京王井の頭線吉祥寺駅北口から中道通りを徒歩10分


大きな地図で見る

阪神百貨店でたわし作り体験

イベント開催のお知らせです。
阪神百貨店の梅田本店にて先日より企画されている「すごいぞ!メイド・イン・日本」特集にて、日本各地のすぐれものを集めたセレクトショップ日本百貨店様(東京 御徒町2k540)が、阪神梅田に14(火)まで期間限定出店されています。

そこで、あさっての土曜日になるのですが、
高田耕造商店では日本百貨店様のスペースを少しお借りして、8/11(土)の1日限定で本物の棕櫚(しゅろ)たわし作りを、職人に教わりながら体験することができるワークショップを開催させていただくことになりました。
お一人様だいたい10-15分程度で束子職人と一緒にオリジナルのたわしをお作りいただけます。

体験者の方からは、子供たちだけでなく大人も夢中になってしまうとの声もいただくたわし巻き体験教室。
ご予約も可能ですので、お店でのお買い物と一緒にお楽しみいただければと思います。

会期:8月11日(土)
場所:阪神梅田本店 1階イベントスペース「ステージ1」
〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号

http://nippon-dept.jp/event.html
http://www.hanshin-dept.jp/dept/s_japan_index.html


大きな地図で見る