地場産業を次の世代に伝えるために大切なたった1つのこと

先週の1月17日に、和歌山大学教育学部附属小学校の3年生のクラスの生徒さんたちが工場見学に遊びに来てくれました。

_1176456時間の関係もあり、たわし作り体験は残念ながら2人だけ、少しずつお手伝いしてもらいました。

たわし作りの実演が始まると、一斉にコンパクトカメラでパチパチ。最近は小学生でもみんな1台デジカメを持っているんですね。

時々こうして子供たちと交流があると、自分たちの子供時代との違いに驚くことが度々ありますが、時代の流れってスゴイものだな。と変な所で感心してしまいます。

_1176469工場内は機械やケーブルがあるので、危険がないか少し心配していましたが、子どもたちは、特別走り回ったりせず、熱心に質問をくれたり一生懸命メモを取ってくれていました。

先日の雑賀小学校の生徒さんたちの研究授業でも思いましたが、最近の小学生は本当にしっかりしているものです。

_1176470
_1176475事前に先生からは、棕櫚という地場産業の再生に賭ける私たちの想い。たわしなどの製品へのこだわりを子どもたちに伝えてほしい。
とのご要望をいただいていたのですが、大人相手に伝えることは慣れている私たちですが、はてさて、上手く子どもたちに伝えることができたのでしょうか?

ただ考えてみると、なぜ高田耕造商店が、棕櫚のある風景やそこに関わる人々を次の世代に残そうと活動しているのか。一度は途絶えた地場産業をわざわざ現代に再生させる意味とは。のような大人向けの少しむずかしい話は、またみんなが成長した時に、いつか知ってもらえれば十分な気がします。

それよりも今は、
君たちが住んでいる和歌山には、ふわふわした毛がある棕櫚(しゅろ)って木があること。
それでたわしやほうきを作ると、とても良い道具が作れること。
たった一個のたわしを作るだけでも、楽しくて、難しくて、そしてたくさんの手間ひまかけて作らなくてはいけないこと。

素直にこんなことを感じてもらえるだけでいいと思います。
「本物のたわしってええなぁ。職人さんってすごいなぁ」と。

まずはその良さを、実感してもらうことが和歌山の棕櫚産業を伝えていくことに繋がる第一歩になると信じています。

さて、この子たちが大人になる頃には、棕櫚の道具たちが日用品としてきちんと地場産業として根付いていて、みんなが良い物だと誇りに思ってもらえるような、そんな存在にしていきたいですね。

よし。明日もがんばります。

月刊ぎふと1月号に掲載いただきました

201301gift-blog

昨年、台東区にあるギャラリーKAMANI様で開催しました「にっぽんのたわし展」の様子がビジネスガイド社発行の月刊ぎふと1月号(p.93)にて、ご紹介いただきました。

記事では、展示会の様子に加え、国産棕櫚の現状について、会場を提供いただいた釜浅商店様についてなど、詳しく掲載いただいています。

 

 

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
2013年巳年の今年は高田耕造商店では、昨日1月4日より仕事はじめになりました。

昨年は、たくさんの方々のご協力のおかげで、東京で初めての展示会を開催させていただくことができるなど、とても充実した1年でした。

それと同時にますます自分たちが努力していかなくては、和歌山にわずかに残っている棕櫚の風景を、次の世代へ伝えていくことが出来ない。との想いを強く持った年でもあります。

今年は、昨年よりももっと多くの方々に、棕櫚の持つやさしさをお伝えしていきたいと、スタッフ全員がより気を引き締めて活動していきますので、どうぞ今年もよろしくお願いします。

さて先日、地元のローカル紙であるニュース和歌山様の1月3日号に高田耕造商店がご紹介いただきました。

和歌山のヒーロー参上という企画でご紹介いただいているので、ヒーローだなんて、なんだかずいぶん偉くなったなーと恥ずかしい気持ちもありますが、とてもありがたい事です。
西山様、取材いただき誠にありがとうございました。

20130103ニュース和歌山blog