冬のおいしいお届けもの

_1266403

先ほど、近くの町で農家をされているお客様より、たわしを買いに来たついでに。と無農薬で栽培された泥つき人参をいただきました。

袋から開けてみると、フワァっと人参独特の甘い芳醇な香りが広がります。
その方に聞くと、昔の種類の人参を育てたから香りが強いんだよと教えていただきました。

なんだか色つやも良くて、とてもおいしそうですよね。

その方が作られている人参は農薬など一切使われていないそうですが、食べ終わった後の食器にも洗剤を使って環境を汚したくないので、洗剤が無くてもなんでも洗える棕櫚のたわしは一番だね。と、ご愛用いただいているだけでなく、近所の方たちにまでたわしを配っていただいているそうです。

_1266404

この人参は、泥だけたわしで洗い落とせば、後は生でも食べられるから一度試してみて。とのこと。

今日の夕飯は早速この人参たちをいただかなくてはいけませんね。
どうもありがとうございました。

 

福岡のTRAM様にてイベント開催です

CCF20121218_00000

今週末の12/22(土)から福岡市にある、北欧と日本の家具や雑貨を取り扱っているショップ TRAM(トラム)様にて企画展が催されます。
今年を締めくくるイベントとして、「Westside 33のお鍋+高田耕造商店」というタイトルで高田耕造商店の棕櫚たわしが初めて登場させていただくこととなりました。

オーナー様が直接北欧で買い集めた雑貨や小物もあり、とても素敵なショップ様でしたのでぜひお近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

■店舗:TRAM 北欧と日本の家具と雑貨
■場所:〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院1丁目6-16百田ビル202
■会期:12/22(土)~1/6(日) ※12/30から1/2はお正月休みとなります

その他詳しくは、電話(092-713-0630)メール(tramshop@tram2002.com)、HP(http://tram2002.com)などでお問い合わせください。


大きな地図で見る

平成24年度日本民藝館展 準入選いたしました

芸術家ではなく、無名の職人達が作った民衆的工芸品を「民藝」と名付け、その新しい美の概念を普及させた柳宗悦氏らによって1936年に開設された日本民藝館では、年に一度伝統的な技術を継承して作られている手仕事の品と、民藝の美を指針とする個人作家の品を全国から公募している「日本民藝館展 -新作工芸公募展-」が開催されています。

出品基準は「用に即し、繰り返しつくり得る製品」。
陶磁・染織をはじめ、木漆工・竹工などあるゆる分野の工芸品を集めて毎年一回、展示や即売会が催されているこの工芸展に、高田耕造商店代表 高田英生が製作した紀州野上谷産棕櫚束子 小がこの度、準入選いたしました。

数々ある工芸品の中でも脇役にすぎない棕櫚たわしという物が、誰にも使ってもらえない飾り物や芸術品ではなく、普段使いの実用品であること。
すなわち民芸の品であることを、この歴史ある民芸展で認めていただけたような光栄な気持ちでいます。

先月開催しましたにっぽんのたわし展でも、本当に多くの方々にお越しいただきました。

その時の皆さんの反応やご意見をいただいて、このシュロという素材。その素材で作られたタワシなどの様々な道具を、もっと手軽に、もっと生活に根付いた物としてこれまで以上に多くの方々に使っていただきたい。
そんな想いがあれから強くなっています。

棕櫚の産業とそれに関わる人々の想いを残していくためにやるべきこと。やりたいことがまだまだたくさんあります。

そのためにも今後はより一層の努力、活動をしてまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。


今年の日本民藝館展は12月9日から23日まで月曜の休館日を除く10:00-17:00まで開催されます。
うちの棕櫚たわしは準入選作品なので、本館1階第1室・第2室という所で、実際にさわって買うことができるように展示いただけるそうです。お時間ある方はぜひのぞいてみてくださいね。

詳しくは、日本民藝館の展示案内より御覧ください。