にっぽんのたわし展 -伝えたい棕櫚(しゅろ)の魅力-

にっぽんのたわし展

ずっと以前から温めていた企画の1つだったのですが、多くのご縁ある方々のご協力により、11月の22日より東京の合羽橋にある釜浅商店様2Fギャラリー、KAMANIにて、高田耕造商店初めての棕櫚(しゅろ)と、たわしの展示会を行わせていただくことになりました。
タイトルはずばり、「にっぽんのたわし展 -伝えたい棕櫚(しゅろ)の魅力-」です。

この展示会を通して私たちが、みなさんに最もお伝えしたいこと。
1つは棕櫚という素材が持つ自然のやさしさについて。
たわしは固いものである。というイメージをほとんどの方は持たれていると思います。
これは、柔らかくやさしい棕櫚たわしを作っている私たちが、その価値をしっかりとお客様に伝えてこなかった責任です。

本物のたわしというのは、こんなにやさしく、強い素材である棕櫚から作られているということを、訪れていただいた方の手で、肌で、実際に感じていただきたいと思っています。

もう1つはその棕櫚に関わる人々、棕櫚山の守り人である職人たちについて。
昔から棕櫚が重要な産物であった紀州野上谷の自然とそこに暮らす人々のあるがままの現状を知ってもらいたいとの想いです。

棕櫚たわしに関わる人たちはどんな人なのでしょうか。どんな暮らしをしながら、どんな想いで棕櫚に関わり、山を守ってきたのでしょうか。
産業に携わる多くの職人が手間ひまを掛けて作った棕櫚のたわしは品質も良く。一度使えばたちまち手放せなくなるほど良い道具となってくれます。

しかし一方で、職人の高齢化や産業の縮小により現在では国産の棕櫚産業というのは知る人間がほとんど居なくなってしまい、このまま途絶えようとしています。
高田耕造商店の目標である、かつて多くの人々が携わり美しい景色を作っていた野上谷の棕櫚山を再生させたいとの試みは、これが本当に最後のチャンスであると思っています。

ぜひお時間のある方は足をお運びください。
日本人なら誰もが知っている、ただの日用品であるたわしの中に、皆さんがご存じで無かった多くの新発見や驚きがあると思います。
実際にたわしを職人と一緒に一から作ってもらえる、たわし作りワークショップも会場内にて開催いたしますのでお楽しみください。

それでは多くの方のご来場、高田耕造商店スタッフ一同心よりお待ちしております。


2012年11月22日(木)  27日(火)
時間/10:30 ~ 17:30
会場/ギャラリーKAMANI(東京都台東区松が谷2-24-1 釜浅商店2階)
主催/髙田耕造商店(和歌山県海南市椋木97-2 〒640-1173)
http://takada1948.jp/
協力/株式会社釜浅商店 http://www.kama-asa.co.jp/
総合プロデュース:錦織弘昭(デザイン・プロデューサー)
Graphic Design:青木周司(Graphic Garage)
Interior Design:福島康弘(有限会社ゼロファクトリー)

●たわし巻きの実演:11月22日(木) ~ 25日(日)

【お問い合わせ先】 : 髙田耕造商店
TEL:073-487-1264/FAX:073-487-3318/Mail:info@takada1948.jp

高田耕造商店 について

徹底的に棕櫚にこだわった、日本一高いたわしを作るたわし巻き職人、高田耕造商店です。たわしって固くて痛いものだと思っていませんか?棕櫚のたわしは柔らかくてコシのある、カラダも洗えるやさしいたわし。純紀州産のたわしを唯一製造する当店では、棕櫚のやさしさ、やわらかさをお伝えするために、今日もグルグルたわしを巻いています。
カテゴリー: 催事・イベント情報 パーマリンク

にっぽんのたわし展 -伝えたい棕櫚(しゅろ)の魅力- への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 月刊ぎふと1月号に掲載いただきました | たわし職人の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です