純国産 紀州産棕櫚束子 - 貴重な紀州産棕櫚を厳選使用
やさしいたわし - 棕櫚のたわしは体に、野菜に、やさしいたわし
用途で選ぶ
形で選ぶ
紀州伝統棕櫚箒 - 今も変わらぬ伝統の美しさ
棕櫚たわしのつくりかた
いまこそ、のこそう!棕櫚山育成プロジェクト
たわし職人の日記

お知らせ・紹介-髙田耕造商店の現在の活動やお取り扱い店舗について
商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力



会社概要・沿革

店名 高田耕造商店
会社名 株式会社コーゾー
代表者 高田英生
住所 【本社】〒 640 - 1173
和歌山県 海南市椋木 97-2 [MAP/地図]

【東京営業所】〒101-0051
東京都千代田区神田神保町一‐六二 和光ビル二階[MAP/地図]
電話番号 【本社】073-487-1264
FAX番号 【本社】073-487-3318
メールアドレス info@takada1948.jp
創業 1948年
設立 2008年
営業時間 9:00 - 17:00(土日・祝祭日除く)
事業内容 棕櫚加工品、家庭日用品、その他関連商品の企画/製造/販売
メッセージ 高田耕造商店では日常生活に密接に関わる家庭日用品を製造しています。
毎日使うものだからこそ、使う人にも、ものにも、環境にもやさしくありたい。
大量生産・大量消費の時代を経て、現代では本質的な商品価値が問われています。
自分たちが製造する家庭日用品を見つめなおした時、源流には一本の棕櫚の木が生えていました。
そこには先人たちの、自然の恩恵を日常生活に活かす知恵がありました。

たわしは固いものというイメージが定着してしまっています。
これは、柔らかくやさしい棕櫚たわしを作っている私たちが、
その価値をしっかりとお客様に伝えてこなかった責任です。
棕櫚という自然のやさしさと、先人たちの育んできた知恵を現代の生活に合わせて共有すること。
これが紀州野上谷に生まれた職人としての使命であると考えています。
沿革 1930年頃 高田要が自宅において棕櫚製品の加工を開始
1935年 本社工場建設
1948年 高田耕造が髙田耕造商店を設立、棕櫚たわしの製造を開始
1965年 靴洗い用たわし「チェリー」を発明、販売を開始
1968年 本社工場西棟を増築
1972年 県内で3工場稼働
1975年 3工場を集約し御坊工場建設
1977年 高田耕造商店代表に高田英生が就任
1990年 刺繍機を導入、マット類への刺繍事業開始
2004年 たわしストラップの販売を開始
2008年 株式会社コーゾー設立
2010年 紀州棕櫚山再生プロジェクト開始
2012年2月 国立新美術館ミュージアムショップ催事にて紀州野上谷産棕櫚束子が展示
2012年11月 にっぽんのたわし展開催
2012年12月 紀州野上谷産棕櫚束子 小が平成24年度日本民藝館展準入選を受賞
2013年2月 東京営業所を神田神保町に開設